第二章

意識のテクノロジー

 

01 ESP能力者(超感覚者)

  ・多次元的なコミュニケーション

  ・超能力の種類

  ・テレパス テレパシー能力者

  ・サイコキノ 念動力者

  ・サイキック・パーセプション

  ・クレアの種類

 

02 クレアコグニザンス【超知覚:直感力】

 

03 チャネリング

  ・トランス・チャンネル 

  ・セミトランス・チャンネル(セミコンシャス・チャネル)

  ・コンシャス・チャンネル

  ・ナチュラル・チャンネル

 

04 クレアヴォヤンス【超視覚】

  ・ヴィジョン

  ・超感覚的な視点

 

05 アストラル・トラベル(幽体離脱)

  ・臨死体験

  ・離脱中の視点は物理次元の目にはない

 

06 アストラル・プロジェクション

  ・意識の視点は異空間にも移動できる

 

07 リモートビューイング

 

08 夢はどこで視ているのか?

  ・映像の終着点はどこにあるのか?

  ・ものを見ていても細かくは記憶してない

 

09 サイキックな視覚は誰にでもある

  ・霊的な視覚を向上させる方法

 

10 クレアセンチエンス【超体感】

  ・思考の動きを体感する場合

  ・体内の波動の動きを体感する場合

  ・感情の動きを体感する場合

  ・チャクラの波動の動きを体感する場合

  ・オーラの波動の動きを体感する場合

  ・身体の外にも感覚機能がある

 

11 クレアオーディエンス【超聴覚】

  ・どこから音が聞こえて来るのか

  ・超聴覚で聞こえる音はオーラの中で響く

 

12 クレアガスタンス【超味覚】

  ・イメージは味覚を沸き上がらせる

  ・味覚はその人の波動域によって変化する

  ・味覚の変化

  ・1日2リットル以上の水が飲めない理由

 

13 クレアアリエンス【超臭覚】

  ・突然に現れる香り

  ・転送されて出現する香り 

  ・香りの伝達

  ・人間の感覚機能

  ・相対性理論を超えている世界